【織田真子】パイズリシーンが少なく、奴●化するまでが長い。 – パイズリ義母 Hカップの義母をパイズリ奴● 織田真子

パイズリ義母 Hカップの義母をパイズリ奴● 織田真子

父が再婚し、新しく母になった真子をよく思わない息子の優生。

ある日、優生は強引に真子を犯しその姿をスマホで撮影、それをネタに真子を脅しパイズリ性奴●に調教する。

優生の調教はエスカレートし、父のいない間にDQNの先輩とともに真子を拘束し電マ、バイブでイカセまくる、更にデカチンの先輩とともに真子のデカパイを犯しまくる。

真子も次第にイキ狂うのであった。

「パイズリ義母 Hカップの義母をパイズリ奴● 織田真子」の本編動画はこちらから

女優名: 織田真子

パイズリシーンが少なく、奴●化するまでが長い。

1シーン目。

主観映像にて爆乳おっぱいを揉みしだき、舐め、パイズリ奉仕させる。

主人公の妄想という設定のため、真子ちゃんの顔は映らず、首から腰までしか見えないが、スタイルの良さが際立ついいアングル。

2シーン目。

父に「今日からお前のお母さんになる真子さんだ」と紹介されるも、胸元のぱっくり空いた服の谷間にしか目がいかない。

勉強の合間に部屋から出て父の部屋をのぞくと、そこには真子と情事に臨む父が。

愛撫、フェラ、パイズリ、SEX。

どのシーンにおいても強烈に目に入る爆乳。

馬乗りパイズリSEXなどを挟み、中へ射精。

ここまでで50分ほどを費やしているのがイマイチか。

3シーン目。

お風呂でシャワーを浴びる真子に詰め寄り、いきなりおっぱいを乱暴に揉む主人公。

当然ちんぽへの奉仕を要求。

フェラさせているところをスマホで撮影し、パイズリももちろん撮影。

フィニッシュはフェラから口内射精。

4シーン目。

写真で脅され、椅子へ全裸M字開脚で拘束された真子。

主人公は友人とともに真子のカラダを楽しむ。

おっぱいとおまんこをおもちゃを使って刺激し、イかせる。

そしてちんぽへの奉仕。

フェラ、パイズリと存分に楽しみ、おまんこへブチ込む。

様々な体位で豊満なボディを堪能し、おっぱいへぶっかけ!2発ともおっぱいへの発射。

「パイズリ奴●」というタイトルにしては奴●にするまでが長いし、パイズリシーンも少ない。

もっとタイトルにフォーカスしてほしい。

「パイズリ義母 Hカップの義母をパイズリ奴● 織田真子」の本編動画はこちらから

Related Posts